隠岐の島町商工会青年部規約

 

(目   的)

第1条 本会は、商工会の事業を積極的に推進するとともに、商工業の後継者たるべき青年の経営者としての資質を向上させ、もって商工業の総合的な改善発達を図り、あわせて社会一般の福祉の増進に資するための組織となることを目的とする。

 

(名   称)

第2条 本会は、隠岐の島町商工会青年部と称する。

 

(事 務 局)

第3条 本会の事務局は、隠岐の島町商工会内に置く。

 

(事   業)

第4条 本会の第1条の目的を達成するため次の事業を行う。

() 研修活動に関すること

() 調査研究活動に関すること

() 広報および意見活動に関すること

() 地域活動に関すること

() 社会一般の福祉の増進に関すること

() 前各号に掲げるものの他、本青年部の目的を達成するために必要な事業を行うこと

 

(青年部員の資格)

第5条   青年部たる資格を有する者は、本商工会の会員たる商工業者(法人にあってはその役員)またはその親族であり、かつ、その会員の営む事業に従事する者であって、年齢満40才以下の者とする。

2 部員資格を有しない者であっても本青年部の賛助(サポーター)部員になることができる。ただし、年齢は満45歳以下の者とする。

3 第6条(加入)、第7条(脱退)および第9条(部会費)までの規定は、賛助(サポーター)部員について準用する。

 

 

 

(加   入)

第6条 部員たる資格を有する者は、所定の加入手続きにより加入することができる。

2 前項の加入の諾否は、常任委員会によって決定する

 

(脱   退)

第7条 部員は次の場合には脱退する。

() 部員たる資格を喪失した場合

() 死亡した場合

() 除名された場合

2 前項のほか、脱退しようとする部員は、部に予告し脱退することができる。

 

(議 決 権)

第8条 部員は、各々1個の議決権を有する。

2 部員は、あらかじめ通知のあった事項につき、書面または代理人をもって議決権を行使することができる。

3 前項の代理人は、議決権を行使する前に、その代理権を証する書面を部に提出しなければならない。

 

(部 会 費)

第9条   部員は、部会費を6月末日迄に全額納付しなければならない。なお、部会費の額は年額24,000円とし、年度途中で加入したものは月割りとする。また、部長が必要と認めるときは臨時会費を徴収することができる。

 

(加 入 金)

10条 加入金は、3,000円とする。

 

(役   員)

11条 青年部にそれぞれ次の役員を置く。

() 部  長   1

() 副部長   4名以内

() 常任委員   5名以内

() 監査委員   2

 

2 部長および副部長は、青年部において互選し、商工会理事会の承認を得るものとする。

3 部長および副部長は、商工会の会員になるものとする。

 

(役員の職務)

12条 部長は部を代表し、部を総理する。

2 副部長は、部長を補佐し部長に事故あるときはその職務を代理し、部長が欠員のときはその職務を行う。

3 常任委員は、部長および副部長を補佐し、部の運営に従事する。

4 監査委員は、部の業務および会計の状況を監査し、監査の結果を部員総会に報告する。

 

(役員の任免)

13条 役員は、部員総会において部員の互選により選任しまたは解任するものとする。

 

(役員の任期)

14条 役員の任期は2年とする。ただし、役員は再任されることができる。

2 任期満了または辞任によって退任した役員は、後任者が就任するまで引続きその職務を行うものとする。

3 補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。

 

(部員総会)

15条 青年部は部員総会を開催する。

2 部員総会は、通常部員総会および臨時部員総会の2種類とし部長が召集する。

3 通常部員総会は、毎年1回事業年度終了後2ヶ月以内に開催することし、臨時部員総会は、部長が必要と認めたときに開催する。

4 部員総会は部員の2分の1以上の出席で成立し、議決は出席した部員の過半数をもって決する。

5 部員総会の議長は、出席した部員の中から互選する。

6 部長は、部員総会の内容および結果を会長に報告しなければならない。

 

(部員総会の決議事項)

16条 次の事項は、部員総会の議決を経なければならない。

() 事業計画および収支予算の決定または変更に関すること

() 事業報告および収支決算の承認に関すること

() 規約および各規程の決定変更

() 役員の選任

() 青年部の解散

 

(常任委員会)

17条 青年部に常任委員会を置く。

2 常任委員会は、部長、副部長および常任委員の全員をもって組織する。

3 常任委員会は、部長が召集する。

4 常任委員会の召集は、各役員に対し会議の目的たる事項、日時および場所につき通知して行うものとする。

5 常任委員会の議長は、部長をもってあてる。

6 常任委員会における各役員の議決権は、各々1個とする。

7 常任委員会の定足数は、部役員の2分の1以上とし、議決は出席した部役員の過半数をもって決する。

 

(常任委員会の決議事項)

18条 次の事項は、常任委員会の議決を経なければならない。

() 部会総会に提案すべき事項

() その他青年部の業務の執行に関して重要な事項

 

(定 例 会)

19条 定例会は毎月開催し、部長が認めた時は臨時会を開くことができる。

 

(会   計)

20条 本会の事業年度は41日に始まり翌年331日に終わるものとする。

 

(旅   費)

21条 部員の旅費は、別途定める隠岐の島町商工会青年部旅費規程に定める。

 

(慶   弔)

22条 部員の慶弔は、別途定める隠岐の島町商工会青年部慶弔見舞金規程に定める。

 

(その他必要な事項)

23条 この規約に定めのある事項のほか、青年部の円滑な運営に関し必要な事項は、部員総会の議決を経て別に定める。

 

付   則

 

 この規約は平成17426日から施行する。